ラグビーW杯開幕…ジャパン熱狂 快勝に「感動」「興奮」- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞-カーフィルム

昨夏のサッカーW杯で大型スタジアムや練習施設が整備されており
【特集】DRIVE!職場見学。NPOやソーシャルベンチャーなど、未来の社会を創る仕事現場に密着

ラグビーW杯開幕…ジャパン熱狂 快勝に「感動」「興奮」- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞-カーフィルム

New!#ワールドウォッチ

SDGs/ESG時代に、企業に求められる変化とは?グローバル企業の実践を支えてきた社会変革の専門家に学ぶ

大会組織委の嶋津昭事務総長は「これまでラグビーにあまり触れたことのない層へも認知が広がりつつあることを示しており

New!#ローカルベンチャー

開幕戦を別のPVで観戦した大津市の団体職員男性(59)は

article ラグビーW杯開幕…ジャパン熱狂 快勝に「感動」「興奮」- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞

#ローカルベンチャー

中華料理店副店長の女性(30)は「街の盛り上がりを肌で感じる

#ワークスタイル

ハミダシキャリアのつくり方 ー自分らしい働き方、どうやって見つける?ー

#ワークスタイル

福岡は「(イングランド戦は)成長している姿を見せられたと思う

#ワークスタイル

メルカリ小泉会長とクロスフィールズ小沼代表理事が考える 「イノベーションを実現する”事業家人材”の条件」<前編>事業家人材に求められる20代の過ごし方

11年大会以来2度目のW杯出場権を手にした

#ローカルベンチャー

私たちは未来を諦めない西粟倉村の役場職員。今、新しい仲間を探しています。

#ワークスタイル

2020年は新・採用元年へ。「働き方発明会議」スペシャル対談

#ローカルベンチャー

「ラファエレが球をもらった時点でパスをくれると分かっていた

#ローカルベンチャー

いちごへの愛が、村を世界を変えていく。株式会社ミュウ 渡部美佳さん-ローカルキャリアの始め方(第8回)-

冬の全国高校大会でいつも目にする温かい応援風景が

リーチは「応援のおかげでグループリーグを突破できた

【特集】DRIVE!職場見学。NPOやソーシャルベンチャーなど、未来の社会を創る仕事現場に密着

サラリーマン、と一言で言っても、その働き方は職場によって千差万別。よく知る友だち、取引先でも、どんな場所で、どんな風に働いているかは意外と知らないものです。そこで、DRIVEキャリアで求人募集中の企業さまに、朝から夕方まで、どのように働いているのか取材してみました。

ファンデルバルト「代表に入れたことが夢みたいでまだ信じられない

2002年にスタートし今年で18年目を迎える社会起業塾イニシアティブ。 セクターを越えた多様な人々の力を引き出しながら、課題解決を加速させていく変革の担い手(チェンジ・エージェント)としての社会起業家を支援、輩出する取り組みです。日本や世界を変える可能性を持ったスタートアップ期の起業家を選抜し、半年間のプログラムの中で社会を変える計画を描くために必要な機会や場を提供してきました。卒塾生の87%が各分野で活躍しながら事業を継続していますが、本特集では起業塾OBのインタビュー記事を中心にその活躍をまとめてみました。

国内では15~21歳の年代別クラブ対抗戦も実施され

歴史的金星を挙げた南アフリカ戦から4日後に迎えたスコットランド戦で大幅に先発を替えたが

『社会の問題を解くコンサルティングは、単一企業の利益最大化を目指すそれよりも複雑で、難易度が高く、だからこそ面白い。』通常業務の空き時間を活用するのではなく、1つのプロジェクトにつき2~4名の専属コンサルタントが一定期間入り、現場の最前線で活動するNPOと同じ視座で社会の問題を捉える。だからこそ、本質をついた仕事が、経営者たちの心を動かす。デロイト トーマツ コンサルティングは、そうして7年間で約80の協働プロジェクトを積み上げてきました。その最新のケースの一部を、インタビューを通じてお届けします。

【特集】未来予測から未来意志へ。Social Impact for 2020 and Beyond

ETIC.は新しい社会を創る力を「未来意志」と呼び、未来に向けてともに歩む仲間を募っています。社会課題やそれに取り組むイノベーターたちとの出会いを活かして、「未来意志」を促進し、新たなイノベーションを生み出していくプラットフォームを提供します。https://2020.etic.or.jp/

古豪復活 いざ花園 全国高校ラグビー27日開幕

【特集】福井で働く人たち〜日本一幸せなまちの地域で働く人たちのヒミツ〜

“地域で働く”という選択肢が、これまでとは別の新しい価値観として浮上しはじめています。生まれ育った土地に残って愛するその場所で仕事をする人。都会で生まれひょんな縁から地域に入るヒト。やりたいこと、追求したいことを実現できる場所として地域に出会うヒト。西粟倉村のような人口1,500人の中山間地で新たに仕事を創るパターンもあれば、福岡や札幌のような100万人規模の大都市の組織で働くパターンもあるでしょう。そんな地域での働きかたとして、今回の特集では「福井で働く」ことを掘り下げてみることにしました。日本総研が発表した『幸福度ランキング2016』では前年に引き続いて総合1位の福井県。その中核にある人口30万人規模の地方都市で働くとはどういうことなのか?いま福井で働いている20代から30代の10人の姿から、その現実や可能性、そして豊かさを見ながら、人口減少を迎える日本の未来の地域のありかたのヒントが見えてくるかもしれません。

優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」が14日

直前に欠場が発表されたフルバックのトゥポウ(コカ・コーラ)の状態を「前日練習で太ももの張りを訴えた」と説明した

「就活」して企業で働くよりも、自分のテーマで仕事をつくりたい。 好きなことを追い求めていたら、起業してた。 いま、そんな学生が増えてきているようです。 学生のうちに、「ファッション」「スポーツ」「歴史」「みかん」という関心ごとで起業をした4人や、「就活向いていない」「サラリーマン怖い」という理由で新卒フリーランスを選んだ2人など、「就活」とは違う道をゆく大学生たちは様々です。 この道、けっこう楽しそうじゃありませんか? とはいえ、まだまだイバラの道のように感じる方も多いはず。 まずは、インタビューから彼らの頭の中を一緒にのぞいてみませんか?

【特集】Eターン-いま、“地方で起業”がおもしろい-

いま、起業を視野に入れた若者が地方に移住する例が増えています。いったいなぜ、彼ら・彼女らは、移住という選択をするのか。わたしたちは、起業に視野に入れた移住を「Eターン(Entrepreneurial-Turn:起業型移住)」と呼び、Eターン者が多く集まっている地域を訪ねました。

【特集】彼女の仕事のつくり方

結婚、出産、家族との移住。時代とともに女性の働き方が変わり続けても、変わらず向き合い続けるテーマがあります。けれど私たちは、そんなライフスタイルの変化に自分を合わせるのでも流されるのでもなく、自分にとって心地よい・楽しいと思う状況を「つくる」ことができるのではないでしょうか。さまざまな女性たちの世界観に触れることが、みなさんの自分らしい生き方をつくるヒントになることを願って。

「(現役が)終わったときにここまでやったと胸が張れるようなプレーをしたい

はじめかた、ここがシンドイ、でも楽しい!前のめり10人のスタートアップから、これから仕事をつくる人たちへ。読み終わったら、走り出したくなることうけあいです。

【特集】2026 〜未来は創ることができる。ビジョナリーの見据える10年後の世界。

先進国では人口減少と高齢化、新興国では爆発的な人口増加。グローバルに緊密につながった経済のバランスは、盤石のものとは言えず、予測は極めて難しい。一方でAIやロボットはすごいスピードで進化し、人間の社会にどんな影響を及ぼすのか未知数だ。いままさに時代を切り開いている、様々な領域で活躍するイノベーターたちは、10年後をどう見ているのだろう?

堀江「前大会で成し遂げられなかったベスト8に向けて

ハミダシキャリアのつくり方 ー自分らしい働き方、どうやって見つける?ー

4トライ以上奪った時などに与えられるボーナス勝ち点の差で

#ワークスタイル

メルカリ小泉会長とクロスフィールズ小沼代表理事が考える 「イノベーションを実現する”事業家人材”の条件」<前編>事業家人材に求められる20代の過ごし方

[桜の記憶]<4>高かった「プロ」の壁…アマ主…

#ワークスタイル

2020年は新・採用元年へ。「働き方発明会議」スペシャル対談

パシフィック・ネーションズ杯のフィジー戦(27日

#ワークスタイル

NPOのプロフェッショナルを目指して。桜の花で震災の記録を後世に伝える桜ライン311の現場に密着

#ワークスタイル

お金か、やりがいか。年間の注目求人案件から見る、ソーシャル業界転職希望者が大切にしていること

#ワークスタイル

学生と真剣に向き合い、歩みに伴走する。奨学生たちの成長を支えるあしなが育英会の学生寮「虹の心塾」の現場に密着

年間表彰式で最優秀選手に輝いたP・デュトイ

#ワークスタイル

過去9度の対戦で全敗だった優勝候補のアイルランドを19―12で破った

#ワークスタイル

女性が出産後も働き続け、充実したキャリアを重ねるために企業・個人ができることは?マドレボニータからの提言

PNCからずっと帯同しながら外れた選手たちには

#社会政策

休眠預金等活用法の資金分配団体発表。NPO法人ETIC.が始める「子どもの未来のための協働促進助成事業」とは

#社会政策

歴史的金星を挙げた南アフリカ戦から4日後に迎えたスコットランド戦で大幅に先発を替えたが

#社会政策

武蔵高等学校中学校 : 会員校だより : 中学受験サポート : 教育・受験・就活 : 読売新聞オンライン

両チームの陣形が整っていない「アンストラクチャー」という状態からの攻撃を得意とする

#社会政策

その命は誰のものなのか―。死ぬ気でサッカーをする選手たちの生きざまを描いた映画『蹴る』に見る人間の尊厳。

#社会政策

ダイバーシティを加速するコレクティブ・インパクトを、2020年に。「プライドハウス 東京」記者会見レポート

W杯へ向けた今月6日の強化試合の南アフリカ戦で開始早々に右ふくらはぎを痛めた

#社会政策

「仲間とつながり、プロジェクトが加速する」。Social Impact for 2020 and Beyond マンスリーギャザリングレポート(後編)

#社会政策

「社会を変えるプロジェクトを、コレクティブに仕掛ける」。Social Impact for 2020 and Beyond マンスリーギャザリングレポート(前編)

トンプソン「日本代表メンバーはとてもきつい練習をして

【先週の注目ニュース10選】日本の人工知能(AI)研究が世界で戦うには?

社会政策の記事をもっと見る

New!#ローカルベンチャー

ローカルベンチャー最前線: 株式会社プリオンデ 山崎啓太郎さん(後編)

古豪復活 いざ花園 全国高校ラグビー27日開幕

ローカルベンチャー最前線: 株式会社プリオンデ 山崎啓太郎さん(前編)

#ローカルベンチャー

私たちは未来を諦めない西粟倉村の役場職員。今、新しい仲間を探しています。

#ローカルベンチャー

企業版ふるさと納税を使い倒す!税制改正に伴う攻めの活用方法 ~ローカルベンチャーサミット2019レポート(3)

ワールドカップ(W杯)が重要な鍵になる」と語る

#ローカルベンチャー

いちごへの愛が、村を世界を変えていく。株式会社ミュウ 渡部美佳さん-ローカルキャリアの始め方(第8回)-

#ローカルベンチャー

点から面へ。地域の創業力アップを目指し、福島県浜通りで創業支援コミュニティ同士の連携が始まった

優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」が14日

#ローカルベンチャー

「強み×強み」の連携へ。自治体・企業・社員から見る「地域おこし企業人」制度 ~ローカルベンチャーサミット2019レポート(2)

#ローカルベンチャー

過去9度の対戦で全敗だった優勝候補のアイルランドを19―12で破った

#ローカルベンチャー

生まれた次のアクションは1日で120件!地域で眠っている資産の活用プランを考える「地域オモシロ大作戦」とは?

#ローカルベンチャー

若者の働き方が変わり、地方が変わる。「自治体×企業×起業家」で新たな事業創出を 〜ローカルベンチャーサミット2019 レポート(1)

ローカルベンチャーの記事をもっと見る

タグ一覧

「(現役が)終わったときにここまでやったと胸が張れるようなプレーをしたい財団 (7)ゴール前の左ラインアウトからのラストプレー寄付 (4)コレクティブインパクト (4)激しいタックルで流れを引き寄せることができるのは強みだマドレボニータ (3)教育 (3)事務局長 (2) キズキ (2)選挙 (2)3連覇の夢が絶たれたニュージーランド(NZ)はMICHIKARA (2)(トンガとの)最終戦はこれを継続させたい」社会貢献 (1)移民 (1)

EVENTS!DRIVEオススメのイベント情報

イベント

【インターン募集説明会】社会起業家を輩出してきたETIC.でアントレプレナー育む多様な生態系(エコシステム)を創る仲間を募集

東京都/NPO法人ETIC.オフィス(渋谷)

(金)

肩を負傷したナンバー8マフィ(NTTコミュニケーションズ)はメンバーから外れた
SH田中史(キヤノン)は「良い状態で練習できている

セミナー・講演会

都市化するアジアにおける“暮らしの中のケア”の未来~タイ・バンコク フィールドワークでの学びをシェアします

東京都/オンライン

(水)

アルゼンチン意地…敗退憂さ晴らし7T- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞

セミナー・講演会

#働き方発明 連続対談&セミナーシリーズ

東京都/ETIC.セミナールーム(渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル5階)

いずれも認定トライとなってリードを大きく広げられた

イベント情報の一覧へ